こんにちは、とんこつです。
今回の記事タイトルを見て「平松愛理…?」と思ったあなた、さては30代以上ですね?笑
懐かしいですね~、部屋とワイシャツと私。3拍子があのウイスパーボイスに合ってて良いんですよね。

gassyou_pig

やっと、部屋のお片付けしました

もともと床にモノを置くのが好きではないので、汚部屋…というほどではなかったのですが、
なんだかごちゃごちゃして落ち着かなかった我が家。棚の上に積み重ねた書類や、
サイズが合わない洋服や、頂き物で申し訳ないけど使わないものなど、不用品で溢れ返ってました。

もうすでに完済人になられた、借金ブログの先輩ニャ吉さんこちらの記事にもあるように、
借金と向き合うために、生活スタイルと向き合うために、必要なものとそうでないものを見分ける力をつけるために、
部屋の片付けしなきゃ!不用品をリサイクルショップに持っていきたい!と、ずっと思っていました。
でも、いっつもなんだかんだ理由をつけて後回しに。なかなか重い腰が上がらない日々。

しかし、今月夫との休みが1日しか合わない
→リサイクルショップにモノを持っていくために車を使うには、この日を逃すと後がない!※夫が車通勤のため、夫の休日でないと車が使えない
と思い立って、えい!勢いでやってまえ!とついに片付けを決行しました!

お片付けの超初心者・とんこつがやったこと

断捨離は本来ヨガの考え方が元になってて~とか、こんまり氏の人生がときめく魔法とかいろいろ読んだのですが、
書籍自体は素晴らしいと思うものの、変にまじめなとんこつは、本の通りにできない!キーッ!て
ストレスになり、片付け自体が嫌になってしまったことが過去に何度かあったんです。

なので超絶自己流で、あまり難しいことは考えずに、やみくもに体を動かしました
それに、とんこつは典型的な作業興奮タイプだと思うので。
要は、やる気がなくてもムリヤリ体を動かせば後からやる気がついてくるタイプってことですね。
なんか単純ていうか…とっても動物っぽい。笑

では、やったことを箇条書きで書き出してみますね。

  • 見える場所にそのまま出してあるモノ→見える場所にある棚の中のモノ→押し入れの中のモノ の順番で、必要/不要の切り分けをする
  • 不用品を処分して空いた押し入れのスペースに、必要だけど使用頻度が低いモノをしまう
  • ベッドの下に置いてあった衣装ケースを押し入れの空いたスペースにしまう
  • 本はきちんと整理してもごちゃごちゃ見えるので、布で隠す
  • インテリアとして飾ってあったモノはいったん全て取り外してしまっておく
以上です。
最終的にはオシャレ部屋を目指したいのですが、まずは余計なモノがない部屋を目標にしました。
まず目につくものから手をつけて、断捨離をする中で目に見える小さな達成感をたくさん味わうこと、
できるだけ押し入れの中にモノをしまってモノを見えなくしたこと、いったんインテリアを全て排除したことが、
今回やり切れたポイントになったと考えています。

やってみて実際に感じた、片付けの効果

とにかく毎日気分が良い!

余計なモノが視覚に入らない生活って、こんなに頭がスッキリするんだ!
と実感しました。特に神経が細やかな人の場合、より効果を感じると思います。
佐藤可士和さんのオフィスの作り方は理に適っているんですね、きっと。

やりたい事が見えてくる

例えば、洋服を「これはもう着ないな…」と処分することで、自分の着たい服の方向性が見えてきます。
本も「これは必要、これは不要」と切り分けすることで、残った本の内容が、
今の自分にとって大切にしたい考え方なんだなということが見えてきます。
また、部屋をこんな感じにしたいなぁ、というアイデアも浮かびました。
アウトプットすることで初めてインプットできるようになるし、アイデアも湧いてくるんだな、と思いました。

掃除がラク

棚の上などむき出しになっているモノが少ないと、ホコリをはらうのがラクです。
掃除が苦でなくなり、結果的にキレイな状態を保つのがラクになりました!

おまけ:臨時収入♪

本、ゲーム、洋服などリサイクルショップに売ったのですが、
夫の分と合わせて8,000円ほどの臨時収入になりました(^◇^)
これは夫婦のレジャー費に廻すので、繰り上げ返済に廻せないのがちょっとだけ残念ですが…笑



今回はとりあえず寝室兼自分の部屋だけ実践しました。
少しずつ達成感を味わいながら、楽しみながら断捨離してく!完璧主義は捨てて、ベイビーステップで!
今後、キッチン、リビング、洗面所なども手を付けていきたいと思います。


そして、きちんと借金と向き合う。
あとちょっとだからと気を緩めず、少しでも早く完済する!

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
お立ち寄りいただきありがとうございます。ブログランキングに参加しています!
応援クリックしてくださると、借金返済の励みになります。